暑中見舞いと残暑見舞いあいさつ文

【注記】
 ・暑中見舞い→梅雨明け(7/20前後)から立秋(8/8前後)まで
 ・残暑見舞い→立秋以降


■暑中見舞いあいさつ文

暑中お見舞い申し上げます。

厳しい暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
日頃はひとかたならぬお引き立てにあずかり厚く御礼申し上げます。

酷暑の折から、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。


■暑中見舞い返事のあいさつ文

暑中お見舞いありがとうございました。

お陰様で暑さにめげずに無事に過ごさせていただいております。

まだまだ暑さも続きそうです。
どうぞご自愛専一のほどお願い申し上げます。


■残暑見舞いあいさつ文

残暑お見舞い申し上げます。

立秋とは名ばかりで毎日暑い日が続いておりますが、
ご健勝にてお過ごしでございますか。

涼風を待ちつつ、一層のご自愛のほどお祈り申し上げます。

【注記】
 ・どんなに暑くても、暦の上で立秋を過ぎると残暑見舞いあいさつ文
  なりますので気をつけたいところです。
Copyright (C) 2007 あいさつ文の文例集 All Rights Reserved.